スタッフ募集

女性鍼灸師募集中(常勤・非常勤)

そあら鍼灸院は純粋に鍼灸のみを希望する方が働ける鍼灸院ですので、
純粋に鍼灸のみを希望する方が働ける鍼灸院です。
※当院は鍼と灸のみの治療です。

基本的には不妊治療専門の鍼灸院ではありますが、妊娠後ずっと通われ、妊娠時の鍼灸、逆子治療などご出産までをサポートしております。
不育症や婦人科疾患全般はもちろん、通院時にはぎっくり腰になったり不眠になったり消化器疾患など様々な症状の訴えがあります。

通われている患者様より、不妊治療以外のご紹介もあるため身につけられる内容は、婦人科疾患をはじめ様々な疾患に対処する鍼灸治療です。

募集要項

募集人数 1名
募集条件
  • 脈を診て行う古典鍼灸ができるようになりたい方
  • 婦人科疾患を診られるようになりたい方

常勤

勤務体系 基本は週4.5日の約40時間。(四日+半日という意味)
土曜祝日の勤務時間は短いですが、平日の出勤と同じ扱いとなります。(残業ほとんどなし、なるべく早く帰って家族サービスしてあげて下さい。一番身近な人を喜ばせてあげることができないのであれば、患者様にはもっとできないと考えます。)
出勤例:月 火 水 木(休日)
金(半日出勤)
土(半日)
日(定休日)
給与 社員月給20万円~
手当 役職手当(昇格制:キャリアパス表に従い、できるようになったら随時昇格となります。ステップアップするに従いスキルアップしていただくことができ、手当がつきます)
職能手当 
技能手当
月の目標達成度の応じてインセンティブ有
賞与 2回まで
評価は患者さまのためになっています。
そのために個人の成績よりチームとしての成績が重視されます。
なぜならば当院は全員で研修会に参加し、治療法や内容を討論し、症例検討し、心を磨いています。
院全員での共通体験・共通学習が大事なのです。同じ治療法はもとより、共通の理念の元にチーム一丸となるから集約された力が働き、高い妊娠率につながります。
休日 日曜、不定期で祝日、夏期休暇、年末年始休暇
交通費 2万円迄(研修期間中は1万5千迄)
その他 労災、雇用保険
白衣、シューズ支給

非常勤

勤務体系 週2~3日。土曜日と夜出られる方優遇(相談に応じます)。
手当 役職手当(昇格制:キャリアパス表に従い、できるようになったら随時昇格となります。ステップアップするに従いスキルアップしていただくことができ、手当がつきます)
職能手当 
技能手当
月の目標達成度の応じてインセンティブ有
休日 日曜、不定期で祝日、夏期休暇、年末年始休暇
交通費 2万円迄(研修期間中は1万5千迄)
その他 労災、雇用保険
白衣、シューズ支給
※非常勤の場合の研修会参加は第四日曜日

※三ヶ月間は試用期間となります。その後お互い納得できた場合、雇用契約を結ばせていただきます。
※試用期間中の交通費は一万円まで。
※勤務状況により試用期間は最短1ヵ月~最長6ヵ月となります。

私たちが大切にしていることは、妊娠率及び流産の回避、そして患者さまとのご縁です。妊娠することがゴールではありません。
妊娠はしたけれど流産の経験があって、当院に来院される患者さまは少なくありません。
妊娠のためにはもちろん、妊娠後のことを考えても「身体づくり」というものが基本となります。

出産後の不調や、現在は不妊治療を行っていない患者さまに対しても、不調に対応できる関係性と場所があることが重要です。ご縁があっていらっしゃった患者さまに対して、一生を通しての健康をサポートできるよう努めましょう。

当院の特色

  • 鍼とお灸のみの治療です
  • 鍼灸師全員が脈が診れるよう研鑽し、治療を行います。
  • フォローしあえるチームです。(治療・業務・休みの不在等)

仕事内容(段階を追ってキャリアパスができます)

  • 受付(当院の受付業務は専門知識を有するため、受付も鍼灸師が行います)
  • 治療助手
  • 治療
  • 情報発信のための作業(ブログや記事作成等)

習得できる事、学ぶこと、勉強方法など

  • 何故そのツボを選ぶかを説明できる鍼灸師
  • 使命感を持った臨床家の心構え
  • 古典鍼灸治療の習得
  • 院内勉強会にて症例検討、モデル治療。
  • 不妊治療に関わる現場で必要な知識や病院情報

    (西洋医学的な内容は、当院で定めた「到達目標」の表に準じて学び、他の要因と比較しながら患者様に説明のできる知識の習得。 それらをベースとして問診の取り方、聞くべき内容、病院での治療状況の把握、初診時の問診の仕方や内容)

  • 専門病院の特色

    (病院によって特徴があります。必要があれば患者さまへ転院の提案をすることもあります。そのための知識の習得)

  • 患者さま対応の実際(治療中の対応方法、話し方、伝え方なども含む)
  • 多くの書籍や音声データなどを、クラウドで管理しています。各自活用し学習の補助として使用できます。

※積極的に勉強し、患者様の力になりたい方にとっては、それが実現できる鍼灸院です。

心構えについて

一番長く過ごしている時間は、仕事をしている時間だと思います。
家族や恋人より長い時間を過ごす場です。楽しく過ごせなければ、人生もったいないと思います。

プライベートが充実しているからこそ、いい治療ができ、良い雰囲気づくりができます。

だからこそ私たち自身で、志を持ってワクワクしながら、仲間と共に楽しく働ける環境をつくり、患者様や周りの人たちに還元しましょう。

そあら鍼灸院で、鍼灸の学術を共に高め合い、患者様の人生が変わるほどの志事を一緒していきたい!と思われた方は、詳しい内容や選考方法を返信いたします。

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 卒業した学校及び卒業年度

記載の上メールにてご連絡ください。

あなたからのご応募、心よりお待ちしております。
尚、ご不明点等はどんなことでも構いません。メールにてお問合わせください。

学会参加(勉強会)の意義について

そあら鍼灸院では、不妊を西洋医学的な状況を重視し、東洋医学的な側面からの鍼灸治療(東洋医学的に生理・病理を把握し、説明できる治療)を行います。

東洋医学の理論を実践する不妊鍼灸のために、陰陽論・五行説や古典の臓象学・病因論・気血津液論・邪正論・運気論等の勉強が必要となります。

そのために月二回、日曜日の研修会にも参加して研修を深めます。

同じ鍼灸でも治療法は様々で、考え方があまりに違うと共通の理解が難しいこともあります。

私達は、症例検討会をする際に、患者さんがなぜ・どこで・どのようにして現在の状態になっているのか共通の見解の元に検討し、より良い結果がどのようにしたら出るのか考察し、鍼を行う必要があると考えています。

より良い結果を出すためには院長、先輩、後輩関係なく共通の理解の基に議論することが必要不可欠となります。
そのため院内で治療法がバラバラであったり、院長が独自に考えた治療方法のまねではなく、院長・スタッフ一丸となって東洋医学の理論に則った研修が必要です。このような研修が私自身とても大きな気付きがあり、これにより結果を出せるヒントが得られ、「より不妊治療の結果を上げるための重要なヒント」が得られるのです。

鍼灸師全員が共通の考えに基づいて治療を行うことの強みは、
切磋琢磨しつつ、一丸となって「今より少しでも妊娠率を上げるため」研修し合えることです。

私は一鍼灸師として常に研修をして技術を磨きたいと思っています。
そのため毎月研修会に参加していますし、スタッフも一緒に参加して技術を磨いています。

当院では研修を大切に考えています。

研修の時間は、お互いに学びあう場として、症例検討、ディスカッション、ミーティング等に使います。

以前は院内の全体研修は、月一回でしたが、現在は毎週行っています。

営業時間が終了してからではなく営業時間内に行います。

プライベートが充実しているからこそ高いパフォーマンスが発揮できると思うからです。

共に研鑽を積み、技術を高め、頑張りたいと思うやる気のある方は、ぜひ一緒に勉強しましょう。