鍼灸治療の3ステップ

妊娠までの道のり – 鍼灸治療の3ステップ

不妊鍼灸を行う上で一番重要なことは、卵質であると考えております。

何度も移植しているにも関らず着床しなかった患者さまが鍼灸を始めてから採卵した卵子によって妊娠されたという経験をするたびに、そう感じます。

なかなか着床しない・・・そんなご経験はございますか?
移植までの治療について、そあら鍼灸院では以下のように考えております。

ステップ1 – 身体をつくり、良質の卵を得る

一番重要なことは、身体をつくり、良質の卵を得ることです。
卵の質を向上させることが一番結果に結び付くと考えているので一番重要度の高いステージとお考えください。

鍼灸治療ステップ1について詳しく

ステップ2 – 移植のために子宮環境や内膜を整える

胚を凍結までしてある場合、当院でお手伝いさせて頂いていることは、着床に向けての身体づくりです。
フカフカの良い内膜に胚を戻せる準備を行う、着床のための子宮環境の改善の治療です。

鍼灸治療ステップ2について詳しく

ステップ3 – 移植(着床日)直前の鍼灸治療

移植の治療は、最後の念押しとして着床日に合わせた鍼灸治療をおすすめしております。
すでに受精卵がある場合は、ステップ2以降の対応となります。ステップ3だけの鍼灸治療ではステップ1と2を経た場合と比べ難しくなります。質のよい卵が得られることはそれだけ重要であり、そのためにはステップ1のステージが大事になると考えます。

鍼灸治療ステップ3について詳しく

ふかふかベッドの理論

よく内膜はベッドに例えられ、「ふかふかのベッドが理想」と言われます。
移植の時は内膜の厚さを測ります。同時に「ふかふか」の状態を検査することができればいいのですが、一般的にそのような方法はありません。

今まで診させて頂いたお腹を考えると、ふっくらして弾力があるお腹が妊娠しやすいです。検査法はなくとも、腹診でこのようなお腹になっていれば、「ふかふか」のベッドだといえます。

良いベッド(妊娠しやすいお身体)になるために

まずはベッドフレームづくり
生命力が高い状態はフレームも良い状態です。
良い卵子を得る準備は、移植の準備にもつながります。
※移植日に黄体から出る黄体ホルモン(P4、プロゲステロン)を測る病院があります。
一定以上出ていないと、移植中止になります。
黄体ホルモンは黄体から出ますが、低温期育つ卵胞が排卵した後、黄体へ変化します。
移植日に十分P4が出ているためには、低温期に良い卵胞が育つ必要があります。そのためにフレームづくりから治療をすると、着床に対しても効果的です。
鍼灸治療ステップ1をチェック!
次にマットレスを「ふかふか」にする
せんべい布団や、湿気を含んだ布団ではうまくいく確率が下がります。
天日干しされた気持ちいい布団がベストです。せんべい布団と干された布団では触り心地が全く違います。干された布団は触り心地も気持ちいいものです。
これはお腹も同じです。脈も同じです。
このようなお腹や脈になっていれば、天日干しされた気持ちのいいフカフカしたマットレスというわけです。
鍼灸治療ステップ2をチェック!
最後にピシッとシーツを掛けます
移植直前の鍼灸は最後の確認です。
先に人が寝転がってしまっては、最後のシーツが掛けられません。
あくまで直前をお勧めしているのは、寝転がってしまう前に、シーツを掛けてしっかりと最後の確認をしたいからです。
鍼灸治療ステップ3をチェック!
ご予約方法はこちら