不妊鍼灸Q&A

患者さまから寄せられるご質問と回答

感染症などの危険はありますか?

ディスポーザブルの使い捨て鍼を使用しておりますので感染の危険はありませんのでご安心ください。


Back To Top

初めてで不安です。鍼は痛くないですか?

始めて鍼を受けた方に伺うと、思ったより痛くないとおっしゃる方が多数です。

痛みに対する感受性は人それぞれで、全く痛くない方もいれば、非常に敏感な方もおります。

 

必要があるだけしか刺しませんので浅い鍼がほとんどです。

また接触するだけの鍼も行います。不安を取り除きながら行い、無理な施術は行いません。

0.12mm~0.24mmの髪の毛ほどの細い鍼を使用しますので痛みはあまり感じません。


Back To Top

お灸は熱くないですか?

米粒の半分程度の大きさのお灸をします。何も感じない、ポワッとくる、ピリッとくる程度です。

「熱さを我慢しながら耐える」というようなお灸は行いません。
温かく感じる程度で充分効果がありますので、心地良い程度のお灸を行っています。

知熱灸といって、指頭大くらいの、温かさを感じたら取るお灸をすることもあります。

より早く改善するように、知熱灸や、家で手軽にできる市販のお灸を、可能な方にはご自宅でお願いしております。使い方はご指導いたします。
場所は毎回治療時に、点を付けておりますのでご安心ください。


Back To Top

鍼はどこにしますか?

ツボは全身にありますが、メインに使うところは足や手、背中などです。
あなたの体質、その日の状態に合わせツボを選んでいきますのでその時により使用するツボは変わります。


Back To Top

通院の頻度は?

概ね週一度程度の治療が目安となります。
しかし年齢や病院での治療内容により患者様お一人お一人により異なります。
身体が整ってくるまで、採卵する周期の採卵までは間隔を詰めて頂くと効果的です。
お腹の状態がよくなったらある程度日を空けても大丈夫です。

詳しくは施術の際にお尋ねいだたくか、「治療の頻度・治療の流れ」ページをご覧ください。


Back To Top

治療のタイミングはどうしたらいいですか?

あなたに合った最適な日を、施術時にお伝えいたします。

詳しくは施術の際にお尋ねいだたくか、「治療の頻度・治療の流れ」ページをご覧ください。

治療の頻度・治療の流れはこちら


Back To Top

採卵が近いのでできるだけ詰めて通いたいのですが・・・

採卵前のはり灸は是非オススメしております。
なお平日の夜や土曜日は予約が取りにくくなっております。頻回通院ご希望の方は予めご相談下さい。


Back To Top

月経中の治療は大丈夫ですか?いつから治療を始めるとよいですか?

月経中でもはり灸は問題ありません。月経痛がある場合には、はりを行うことで軽減を望めます。
はり灸の開始はいつからでもかまいません。その時期にあった治療を行います。


Back To Top

鍼灸の目安はいつまでですか?妊娠判定までですか?

あなたに合った最適な日を、施術時にお伝えいたします。
個人差がありますがおおよそ妊娠12週頃までです。
脈がしっかりしていればもっと早く卒業となります。
卒業後もケアのため定期的に来院される方もいらっしゃいます(卒業の方の40%程)。
また卒業後に逆子や腰痛などの症状で来られることも多いです。


Back To Top

はりの後に悪くなったように思うのですが。

瞑眩(めんげん)現象といって、体が改善に向かう過程で一時的に頭痛・吐気・だるさ・発熱等の症状が出ることがあります。
東洋医学では、身体がより健康に向かう為に、必要な反応であるとされています。
継続的な治療により、病症の改善を図ることができます。

また当院では初めてはり灸をされる方には、このような症状が出ないように配慮しておりますが、特にご心配な方は予めお伝え下さい。


Back To Top

病院へ通院しながらでもよいですか?

不妊治療と平行してはり灸を受けておられる方は大勢いらっしゃいます。
それぞれの医学のよい点がありますので相乗効果を期待できます。
タイミング法、人工授精、体外受精、全ての段階の治療に合わせてはり灸を行います。

もちろんはり灸のみで「まずは体作りから」でもかまいません。

高度生殖医療を受けていてもいなくても、基本は母体の状態が整っていることが第一です。


Back To Top

はりの後にお風呂に入っても大丈夫ですか?

はい、差し支えありません。

ただ、はりの後は疲れるような事(運動、飲酒など)をすると、身体に負担がかかりますので早めにお休みください。


Back To Top