不妊鍼灸の効果

不妊鍼灸の頻度と大事な日、治療の流れまで

不妊鍼灸の治療期間や、ペースの目安、着床期の治療、治療の卒業についてご説明いたします。

不妊鍼灸の治療期間

今までの治療歴は何年ですか?
長ければ長い程時間がかかります。もしこの期間が長ければまずは8ヵ月通って頂きたいと思います。

妊娠に至るまでの期間は数ヶ月~2年と不妊原因や、患者様の背景により差が大きいため様々です。
今までの経験ですと3ヶ月~7ヵ月程度の間に結果が出る方が多いですが、3ヵ月以内の方も多くいらっしゃいます。8ヵ月以上かかる方も少なくありません。

期間の差は、卵質なのか着床なのか原因によって大きく変わります。卵子の質が原因の場合は、それ以外が原因の場合と比べお時間がかかることが多いです。

質の良い卵胞が育つには、8ヵ月程度かかるためです。卵胞が育つ過程に、身体づくりを行います。
3~4ヵ月で不妊鍼灸を止めてしまうと、この大事な成長期間の途中で身体づくりを止めてしまう事になり、とてももったいないことになってしまいます。
この期間の効果が出始める半年~8ヵ月は続けての不妊鍼灸をお勧めしております。

高齢でホルモン値が悪い、月経周期が乱れている

お子様を望んでからの期間が長い

今までに高度生殖医療を長く行ってきた

この様な場合は、妊娠されるまでに8ヵ月以上期間を要するパターンだと感じています。
その他の原因の場合は、原因によりますが、もう少し早く結果が出ることも多いです。

患者さまにお願いしたいこととして、鍼だけ受けていても、日ごろ無意識に身体を冷やしていたり、不節制をしてしまうと身体がなかなかよい状態になりません。

治療と生活習慣は車の両輪の関係です。

ご自宅でできる妊活(お灸など)があります。

生活に取り入れて頂くと良いものとして、ご自宅でできるお灸などの自分でできる体質改善指導なども行っています。その方が変化が早いからです。

その方にあった丁寧な鍼をしていくと、とても良い状態に変わっていきます。

私の考える治療では、「満点」のお腹は目指さなくて大丈夫です。評価は厳しくつけていますが、妊娠までは「70点」のお腹でできます。70点以上は、妊娠中~出産後とその後のメンテナンスで目指していければいいと思います。

自宅で出来るお灸ついて詳しく

治療ペースの目安

よく受ける質問で、「ペースはどれくらいがよいか」ということがあります。患者様それぞれの体質や、治療背景で変わりますので、以下を参考にして下さい。

オススメする提案1

理想は採卵周期や移植周期・お休み周期関係なく、週一回程度のペースです。
それは、40歳~48歳の方を対象として振り返ってカルテをみてみると、空胞が多い・成熟卵が採れない・いつも分割が途中で止まってしまっていたが、胚盤胞まで凍結できたという事例が、それ以外のペースより早く達成していることが多かったためです。

例外ですが、両卵管閉塞でフーナーテスト0匹で自然妊娠という奇跡体験も目の当たりにしたこともあるためです。これには驚きました。ヒトの身体も鍼灸も不思議でいっぱい、そして可能性を秘めていると感じました。
経験的にコンスタントにハリを受けられている方は成績がいいなとは思っていましたが、振り返ってカルテをみてみると、上記の方々はいずれも週一回のペースだったためです。

期間は、まず8カ月続けられることをお勧めしております。

患者様に治療を始める前に不妊治療歴をお伺いしておりますが、2年~10年間という方が多いのです。

それだけ長くうまくいかなかった方々が結果が出始めることを考えた結果、概ね8ヶ月(年齢や状態によってはもっとかかります。もちろん中には1~2カ月で結果が出る方もおられます。)理想は週1回のペースだろうというのが今のところ一番結果の良かったペースです。

その上で、この日だけはぜひ治療をお勧めしたいという日がある場合は、別途ご提案させて頂いております(胚移植時の治療など)。

オススメする提案2

参考までに、治療周期で考えた場合を提案2でご紹介します。いつ頃鍼灸をするとよいかの目安です。

タイミング、人工授精の方へ

タイミング、人口授精の方

不妊鍼灸いつ受ける?(タイミング・人工授精)

動画でもご説明しておりますので、ご参考ください。

          

体外受精、顕微授精の方へ

体外受精、顕微授精の方

採卵周期の方は卵胞期(特に40歳以上や採卵で結果の出ていない方)はこの時期の治療間隔を詰めていただく方が効果的です。詳しくは治療時にあなたに合った治療計画を提案しております。

不妊鍼灸いつ受ける?(体外受精、顕微授精)

動画でもご説明しておりますので、ご参考ください。

          

着床期の治療について

着床期では排卵(採卵)から4日~5日後を目安におこし下さい。凍結胚移植の場合、下記をご参考下さい。

胚盤胞移植→移植当日or前日

分割卵移植→
→2日目胚であれば移植の3日後
→3日目胚であれば移植の2日後

移植後の不妊鍼灸は今までのペースをお勧めしております。

不妊治療の卒業について

当院では、流産のリスクが減る妊娠12週を卒業の目安としておりましたが、現在は卒業後も継続治療をお勧めしております。

妊娠期間中を通しての鍼灸が、産前産後と赤ちゃんの育つ環境のための身体づくりに効果的です。

週数に応じて、

妊娠初期の鍼灸(流産防止、つわり、体調不良など)

安産灸

逆子の鍼灸

臨月の鍼灸(陣痛促進など)

プレママの身体づくり(産後のための事前の身体づくり。

産後は、たとえお産が軽くとも消耗が激しいものです。
その他腰痛などの体調不良に対する治療を行いながら、産前産後・赤ちゃんの育つ環境のための身体づくりを行います。
今までは妊娠期間中を通しての鍼灸治療は特に勧めてはおりませんでしたが、当院を卒業された患者さまからご出産報告をいただくと・・・

難産で大変だった

予定日を過ぎ促進剤を使用したけど、自然分娩はでなかった

緊急帝王切開になった(出産が長引き赤ちゃんが危険になってきた。臍帯巻絡が何重にも巻きついていたなど)

想像以上に大変だった

という声が思いの他多かったのです。

一人目の出産が帝王切開の場合は、二人目も通常帝王切開となってしまします。
帝王切開だと、産後も影響が大きくでます。

例えば二人目希望でまた身体づくりを始める際にも、切った痕が身体づくりを行うにあたって影響を及ぼします。
逆子になってしまった場合はご相談がよくあったので、逆子治療は今までもしており、帝王切開を避けられたことも数多くありました。

それを考え、陣痛の促進や安産灸などでお産の準備をして、妊娠中を通しての身体づくりをお勧めしております。

ご予約方法はこちら